理科が「面白く」なるワケ

実験が見られる

理科は、教科書を読んでもイメージが立たない教科です。
この教室では、教科書に載っているものや実験は全部やります。本物を見た方が、

テストが得意になる

「勉強時間がいちばん短いのに、いちばん理科が点が取れる」生徒がよく言います。実際の物や実験を見ると、教科書の知識と結びつき、短時間で印象強く理解できます。

質問でスッキリ

わからないことがわかったとき、「なるほど!」と爽快な気持ちになります。この教室では、すぐに質問できて、24時間以内に倉橋先生から動画解説がもらえます。

こんな不安、ありませんか?

□親が教える自信がない

中学受験は親の受験といわれます。理科も教えたいけど、正直、理科が苦手で教える自信がない。そんな保護者の方も多いです。
でも、大丈夫。オンライン理科教室の授業動画は、実際の実験や物を見せながら、単元のポイントを30分(1.5倍速で20分)で授業しています。学習塾の教科書を読むより、ずっと楽しくてわかるので、子ども一人でも、勉強できます。時には、親子で授業動画を見るのも楽しいです。「こんなに理科が面白いとは思わなかった」多くの保護者の方からも、うれしい声をいただいています。

□塾の教科書の膨大な内容に、子どもがついていけるのか?

「頑張ろうとする子どもの姿に頼もしさを感じつつ、塾の教科書の膨大な内容を前にすると、「ここまでやらなきゃいけないのか?」「うちの子がついていけるのか?」不安を感じている保護者の方も多いと思います。
でも、大丈夫。塾の教科書の内容は、全部重要ではなく、補足の部分も多いのです。では、どこが重要で、どこが補足なのか?答えは、オンライン理科教室の授業動画に乗っている部分が重要部分、なんです。したがって、動画に載っている部分だけをやることにより、子どもの負担を減らしつつ、得る果実は最大になります。

□理科を好きになってほしいけど、この詰込み学習で大丈夫なのか?

時間をかけて勉強しても、結果が出ない。まわりからは、ネガティブな言葉を言われ、自信を失い、中には、理科が嫌いになる子も。中学受験の暗い一面です。小学校で理科嫌いになったら、中学以降、たいへんです。
でも、大丈夫。結果が出ない原因は、本人にあるのではなく、知らないものを、いきなり教科書の活字で暗記させようとする、指導の方法にあります。オンライン理科教室の授業動画では、ものや実際の実験を見せています。また、クイズを出し、それにこたえてもらいながら授業を進めています。よく、生徒が言います。「理科は暗記教科じゃないんだ。考える教科なんだ。」その通りです。動画等を通して、考える楽しさを、伝えます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA